耳はとても小さく繊細で複雑な構造と機能をもった感覚器官です。
耳は外耳、中耳、内耳に分けられますが、そのそれぞれが異なる働きをして、音を脳に信号として届けるのです。

 

外耳

外耳は耳介と外耳道から構成されていて、鼓膜までの音の通り道をさします。音を拾いそれを中耳に伝えます。外耳道の奥には鼓膜が張って盲端となっているため、一端が開口した共鳴腔となり、この共鳴によって音が増強されます。ヒトでは集音についてはあまり機能していませんが、音がどこからきているかを推測する(方向感)のに役立ちます。

中耳

中耳は鼓膜の奥にあり、外耳から伝わった音を耳小骨を通して内耳に伝えます。耳小骨はツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の3つの微小な骨で構成されています。

一般に空気中を伝わった音波は液体の表面ではほとんど反射されてしまい、液体の中へは伝わりにくいと言われています。内耳の中にも内耳液という液が入っており、空気中の音がうまく伝わりません。そこで、鼓膜で受けた音を耳小骨で増強して、効率よく内耳に伝わるようになっています。

また中耳は耳管(じかん)という管で鼻の奥(上咽頭)とつながっています。この管は通常は閉鎖していますが、唾を飲み込んだりあくびをする時に開いて、鼓膜の外と中の圧の調整をしています。

内耳

内耳は側頭骨という骨の中にうまっており、蝸牛(かぎゅう)、前庭(ぜんてい)、三半規管(さんはんきかん)で構成されています。中耳で大きく増幅された音は蝸牛の中の外リンパ液に伝わり、音のセンサーである有毛細胞を刺激し興奮させます。有毛細胞が興奮すると神経伝達物質がシナプスから放出され蝸牛神経に興奮が伝わります。