外耳炎

耳の穴から鼓膜までの通り道を外耳道といい、そこに炎症が生じたものが外耳炎です。日常の診療では耳掃除をしすぎて外耳道が傷つき、外耳炎が生じる患者さんが多くいらっしゃいます。耳の痛みがあり、ひどくなると耳だれがでて、聞こえにくくなります。耳たぶを引っ張ったり、耳の入り口を押さえると痛みが強くなるのが特徴です。

治療は局所処置や抗菌薬の内服、外用、鎮痛薬の内服などを行います。耳掃除をやめるだけで改善することもあります。

急性中耳炎

鼓膜の奥にある中耳で炎症が生じたものを中耳炎といいます。様々な種類の中耳炎がありますが、一般的に中耳炎と言われているのがこの急性中耳炎です。

鼻の中のウイルスや細菌が耳管を通って中耳に侵入し炎症を起こすので、通常は風邪をひいた時に中耳炎を併発します。耳に強い痛みがあり耳のつまる感じがします。鼓膜の奥に膿が貯まり、ひどくなると鼓膜が破れて、外耳道に膿が耳だれとして出てきます。

小さいお子さんは痛みを訴えることができないため、感冒後に機嫌の悪さが続く時には急性中耳炎を疑う必要があります。

軽症であれば無治療で改善しますが、炎症が強い場合は抗生剤や鎮痛薬の投与、時には鼓膜を切開して膿を出すこともあります。

 

滲出性中耳炎

鼓膜の奥に液体が貯まり、聞こえが悪くなる病気です。中耳炎という名前がついていますが、急性中耳炎とは違い耳の痛みはありません。急性中耳炎の治癒過程で生じたり、耳管機能の障害で起こることがあります。子供は聞こえの悪さに気付いていないことがありますので注意が必要です。

治療は鼻から耳に空気を送る耳管通気という処置を行ったり、鼓膜を切開して浸出液を除去したりします。治療には時間がかかる場合も多いので、根気強く通院する必要があります。

難治性であったり、症状を繰り返す場合は鼓膜にチューブを留置する手術が必要となることがあります。

 

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは、急性中耳炎を繰り返したり炎症が長引いて、鼓膜の穴が治らず残った状態をいいます。鼓膜の奧にある中耳は常に外気にさらされ、病原菌が入ることによって慢性の炎症が持続することになります。

耳だれを繰り返したり、難聴が生じます。

感染による炎症が生じている場合にはまず感染を制御することが必要です。局所処置や洗浄、点耳薬、抗生剤の内服などを行います。 

時に抗生物質に耐性のある細菌が原因となっていることがありますので、耳漏の細菌培養を行う必要があります。

 

 

真珠腫性中耳炎

慢性中耳炎の一種で周囲の骨をこわして進行し、めまいや顔面神経麻痺、稀に髄膜炎を併発することがあります。

真珠腫性中耳炎では、鼓膜から中耳腔に真珠腫上皮が侵入し、周りの骨を溶かしていきます。上記の慢性単純性中耳炎と比較して、骨の破壊を伴うことが特徴です。中耳の骨として、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨などの耳小骨がありますが、耳小骨が壊されることにより、難聴が生じます。また、中耳から内耳へと骨の破壊が進むことより、めまい、耳鳴り、顔面神経麻痺など内耳に存在する神経の障害が生じることがあります。