耳のかゆみ

外耳道炎が考えられます。外耳道の炎症で、耳の痛みやかゆみが生じる病気です。
綿棒などで毎日掃除をしていると外耳炎になりやすく、一旦炎症が生じるとかゆくなるため、かゆみを解消するためにさらに掻いてしまうという悪循環に陥ります。

耳の痛み

外耳炎や急性中耳炎が考えられます。綿棒などで毎日耳掃除をする習慣のある方は、外耳炎を発症して耳痛(じつう)が生じます。また子供の場合は感冒の際に耳管を介して病原体が中耳に侵入し急性中耳炎を発症し、耳が痛くなります。

耳のつまり感

主に次の3つの機序で耳のつまり感が生じます。

①耳垢や耳漏、滲出液、膿など実際に鼓膜の内外に物が貯留して感じる場合

②耳と鼻をつないでいる耳管(じかん)という管の働きが悪くなった場合

③聴力の神経が弱ったことによって実際には何もつまっていないにもかかわらず耳のつまり感を感じる場合

①では耳垢栓塞や外耳炎、滲出性中耳炎、急性中耳炎、慢性中耳炎の急性増悪など、②では耳管狭窄症や耳管開放症、③ではメニエール病や低音障害型感音難聴、突発性難聴などが考えられます。

①②は急ぐ疾患ではありませんが、突発性難聴などは早急に治療を開始する必要がありますので、耳のつまり感が生じた場合は早めに耳鼻咽喉科を受診して下さい。

難聴

鼻汁や鼻閉など鼻の症状を伴う感冒に引き続いて聞こえが悪くなった場合は、急性中耳炎や滲出性中耳炎が考えられます。一般的に急性中耳炎は耳の痛みがあり、滲出性中耳炎は痛みがありません。

感冒などの症状がなく突然聞こえが悪くなった場合は突発性難聴が考えられます。

「朝目が覚めると片方の耳が聞こえなくなっていた」

「〇月〇日の〇時頃から急に聞こえにくくなった」

と表現されるます。

多くの場合耳鳴を伴い、時にめまいを伴うこともあります。聴力の神経の障害で、ウイルス感染や内耳の循環不全などが原因と推測されていますが、はっきりしたことは分かっていません。発症後早急に治療を開始する必要があります。

他に音響外傷や外リンパ瘻、聴神経腫瘍などの病気があります。

めまいと難聴、耳鳴を繰り返す場合はメニエール病を疑います。
徐々に聞こえが悪くなった場合は加齢性難聴や騒音性難聴が考えられます。突然発症した難聴は改善する可能性がありますが、長い時間をかけて徐々に発症した難聴を治すことは困難です。

また最近では難聴は認知症の大きな危険因子と言われています。日常生活に支障があれば補聴器の装用をお勧めします。

耳漏 耳だれ

耳に炎症が生じると耳だれ(耳漏)として症状が出現します。外耳の疾患であれば外耳炎や外耳道真菌症、中耳の疾患であれば急性中耳炎や慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎などで耳だれ(耳漏)が出る場合があります。耳だれがあればたとえ痛くなくても近くの耳鼻科を受診するようにして下さい。

耳鳴り

耳鳴は実際にはない音を脳で感じてしまう現象で、内耳に異常があると発生しやすくなります。加齢性難聴、騒音性難聴、突発性難聴、メニエール病などが原因となります。

聴覚路に障害が生じると、脳の聴覚野に信号が届きにくくなり、脳の働きが変化し耳鳴が発症すると考えられています。

突発性難聴やメニエール病など、突然に発症した耳鳴は治療を行うことを改善する可能性がありますので、早めに耳鼻科を受診してください。

また加齢性難聴や騒音性難聴などによる慢性的な耳鳴は、

自分の声が響く

耳管狭窄症 耳管開放症

周りの音が響いて聞こえる

めまいがする

ふらつく